会長挨拶

会長挨拶

令和2年度スローガン

「YEG活動で得られる経験とその経験から得られる感情がこのまちを豊かにする」

~共に~

 

はじめに、新型コロナウィルス感染拡大に伴い、様々な社会活動が自粛され、私たちの生活をはじめ世界に脅威をもたらしております。皆様におかれましては、各家庭、職場毎に様々な対応に追われていると存じます。未だ先が見えない状況が続いておりますが、一日も早い新型コロナウィルスの収束を心よりお祈り申し上げます。

 

 

会長所信

 

時代の変化のスピードは年を重ねるごとに加速し、ボタンひとつで瞬く間に情報が世界に知れ渡ります。凄まじい技術の発展がこの世の中にたくさんの幸せをもたらしている一方で、人間関係が希薄になり、なにか無機質で大事ななにかが足りないと感じる時があります。

 

感情が飛び交う場所、絆を確かめ合える場所、夢を語れる場所、それがYEGだと確信しています。

 

わたしたちはひとりひとりの業種や立場、環境が違っていても、高い意識と志を持って、自らの意思でYEGに入会し、その中で様々な気づきがあり、学びがあり、時に摩擦を生じながら活動に取り組み、自己研鑽を重ねています。50歳までという限られた時間しか居ることの出来ない情熱に満ちた場所にひとりでも多くの仲間を巻き込むにはどうしたらいいのか。

 

YEGメンバーの皆さんは、入会当初、綱領・指針を理解し共感して入会しています。それはこのまちを豊かにしたい想いからではないのでしょうか。

 

そこで今年度のスローガンは「YEG活動で得られる経験とその経験から得られる感情がこのまちを豊かにする」と掲げました。

 

学び知ることに感動する経験、自企業の将来を想い描き胸が熱くなる経験、自らの活動を発信することによって気分が高揚する経験、全国でYEG活動に励む同志達や地域の人たちとの繋がりを感じる経験、伝統文化に触れ温かさを感じる経験など、YEG活動から得られる経験とその経験から得られる感情と生きた言葉は、自身の成長となり、それは自企業の発展に繋がり、やがてはこの地域の繁栄に結びつくと信じています。

 

共にすばらしい時間を過ごしましょう。

 

小田原箱根商工会議所青年部 令和2年度 会長 大谷 真

 

※今年度4月通常総会はコロナウイルス感染防止対策により残念ながら書面決議開催となってしまいました。総会で披露する予定であった会長所信表明の動画を作成いたしましたので、会長の想いの詰まった所信表明を下記リンクよりぜひご覧下さい。

 

PAGE TOP